あさひる統計の最新版をリリース(真夏の季節変動による人口の影響が分かります)

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. あさひる統計の最新版をリリース(真夏の季節変動による人口の影響が分かります)
2019.12.10

ビッグデータから得られた位置情報を解析し、125m四方の時間帯別の流動人口を推計で求めた地理統計データ「あさひる統計」の最新バージョンを公開しました。

あさひる統計主題図
あさひる統計の2019Q2とQ3で休日午後(15-18時)の人口の増減をマップ化したもの。宿泊施設が集中する市街地やリゾートホテルの周辺では、春に比べて夏の人口が増えていることが分かります。

あさひる統計は、年に4回の更新を行っており、常に直近の人口が把握できるというメリットがあります。

今回のバージョンの元となるデータの取得期間は以下の通りです。
・v201909(年間集計版):2018年7月~2019年9月
・v2019Q3(四半期集計版):2019年7月~9月

海水浴や登山、リゾート地などは、7~9月の真夏の観光シーズンにどれだけ人出が増えたのかをこのデータで調べることができます。
あさひる統計を活用して人の流れを視覚化してみませんか。

あさひる統計の詳細はホームページにてご確認ください。
https://chiri.biz/asahiru

主なGISベンダー様、エリアマーケティングのデータ販売の皆さまにもお取り扱いいただいておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
カフェやファーストフードなどの飲食店や不動産関係の方からのお問い合わせを多くいただいております。