商業活動を行ううえで、商圏分析は非常に重要です。しかし、商圏分析とはどのようなものか、どんな業者に依頼すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、商圏分析とは何か、分析を行う業者一覧などをご紹介します。

商圏分析の実施を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

商圏分析とは~地図上で様々なデータの表示・分析~

商圏分析とは、実店舗における集客や店舗開発のために行われる商業戦略の一つです。

商圏とは、実店舗ばかりでなく、その商業施設があることで周囲に及ぼすであろう地理的な影響の範囲について指した言葉です。

ここでは、商圏分析とは何か、なぜ必要なのか解説いたします。

どのような内容なの?

content

まずは、商圏分析がどういうものなのか、基本的な部分について解説していきます。

実店舗や会社がサービスを提供する地理的な範囲のことを商圏といいます。

商圏において様々なデータを収集、分析を行って、店舗開発や販売戦略に活用するのが商圏分析です。

活用するデータの一例として、国勢調査が挙げられます。国勢調査では、その地区にどれだけの人口と世帯数がいるのか確認できます。

町丁目やメッシュといった地区ごとに分類されているため、地理的な範囲を踏まえて具体的なデータの確認が可能です。

その地区における人口や世帯数を確認することで、実店舗の出店における可否や販売戦略を練るのに役立てられます。

これから商圏分析に取り組みたいという企業様は、ぜひ楽しいチリビジのサービスもご活用ください。

楽しいチリビジでは、店舗やクリニックを新たな地域で立ち上げたいといったお悩みをお持ちの方々を、地理でサポートいたします。

商圏分析は、企業の形態に関わらず非常に重要な商業戦略の一つです。商圏分析でお困りでしたら、ぜひ地理情報システムをご提供する楽しいチリビジにご相談ください。

なぜ必要なのかその理由とは

necessary why

商圏分析を行うことで、地理的な面から企業の発展に役立てることができます。

しかし、馴染みのない方にとっては具体的な必要性がわからないかもしれません。

ここでは、商圏分析が必要な理由をご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

集客のために重要なものを明確にできる

商圏分析を行うことで、自社がこれから店舗を構えたときに、集客が見込める範囲を明確に予測できます。

商圏分析を行うことで、以下3つの要素を知ることができます。

  • 競合となるほかの企業
  • 営業および販促により、集客の効果が期待されるエリア
  • これからより深い分析と施策によって、新たに集客を深めるべきエリア

これら3つの要素は、これから企業を動かして発展させていくために、極めて重要です。

商圏分析を行うことで、今企業が抱えている課題が明確に見えてくるのです。

実店舗を出店する際や店舗開発に欠かせない事前調査

実店舗を出店する際は、周辺の状況の把握が重要になります。せっかく出店したとしても、周囲にターゲットとなる客層がいなければ、集客は見込めません。

実店舗を利用するユーザーは、遠方よりも近隣の方である場合のほうが圧倒的に多いためです。

また、競合となるほかの店舗についても重要です。

すでにその地域で集客に成功している店舗と同じジャンルで出店してしまうのは、よほどの確信がない限り危険です。競合相手が少ない地区を選んだほうが得策といえるでしょう。

加えて、店舗開発のための商圏分析では、商圏における消費者の特性について細かく把握しておくことが大切です。客観的に見て市場規模が見込める場合だとしても、これから自社のサービス内容や業態といったものが受け入れられるかどうかは別の課題なので、事前に調べていく必要があるのです。

将来見込める売上を予測

商圏分析は、将来的に見込めるであろう売上の予測にも役立てられます。

売上を予測することは、出店だけでなく、事業の撤退や追加投資に関する判断材料にもなります。売上を予測するために重要となるのは、周囲の環境と消費者の動向です。

実店舗に大きく影響を及ぼすのが、人の流れです。鉄道やバスの駅が増えて交通の便が増えれば、集客が期待できます。その逆も同様で、大型のショッピングモールのような巨大な競争相手ができてしまうと、顧客がそちらに流れていってしまうかもしれません。

加えて、顧客の男女比や年齢層といった情報も重要です。今は一定の集客が見込めたとしても、いつまでもその状態が続くとは限りません。特性を踏まえて、将来の売上を予測することが大切なのです。

商圏分析のポイントと業者一覧!費用は問い合わせを

商圏分析は、ただデータを集めて比較するだけではありません。

商圏分析をしっかりと行い、結果を実際に活用するためには、専門的なノウハウが欠かせません。

ここでは、商圏分析におけるポイントと、業者一覧などをご紹介します。

調査方法とポイント

Survey method and points

商圏分析にはいくつかの方法があります。

今回は4つの方法について、ポイントを交えながらご紹介します。

ライフスタイル調査

多くの方がほしいと思っている商品・サービスを展開することが商業における鍵です。

ライフスタイル調査とは、その地域で生活している人々の移動手段(電車なのか車なのか)、自宅の状況(集合住宅なのか一戸建てか、賃貸か持ち家か、など)、就労状況、どのような店舗を利用しているのかといったデータを分析して、ニーズを導き出します。

商圏環境分析

商業を発展させていくためには、その地域の特性を正確に分析して、順応していくことが大切です。

商圏環境分析は、より細かに分析して地域の市場特性を把握するために行われます。

商圏環境分析は、以下3つのデータを中心として行います。

  • 人口数および世帯数
  • その地域ならではの条例
  • その地域ならではの文化

その地域ならではの条例や文化をもとに、人口数や世帯数を確認しながら分析します。

競合調査

その地域に強力な競合相手がいる場合、あまり集客が望めなくなってしまいます。実店舗の出店や店舗開発の前に、必ず競合調査を行いましょう。

競合調査では、その競合相手に関して分析を行います。開店・閉店の時間や、どのような商品・サービスを展開しているのか、利用している客層などを分析します。

これらデータをあらかじめ把握しておくことで、競合相手との差別化も図れます。

商圏バリアに関する調査

商圏分析では、商圏バリアに関する調査も重要となります。

商圏バリアとは、お客様が商品やサービスを利用するために、障害となり得る要素を指したものです。

例えば、頻繁に混雑が予想される道路や踏切、山・川などがあると物理的に店舗に向かうことが難しくなります。

山や川など、自然のものが原因となって商圏バリアになってしまっているケースが多いです。

実際に周辺地域を歩いてみて、お客様が利用するであろうルートを調べてみるとよいでしょう。

業者一覧

商圏分析をサービスとして提供している業者は数多くあります。

商業の発展という目的や使用するデータは似た部分がありますが、独自に積み重ねてきたノウハウや対応しているレポートの形式などが異なるため、自社に合ったサービスを選ぶとよいでしょう。

ここでは、商圏分析に関するサービスを提供している業者をご紹介します。

ビジネスを地理でサポート「楽しいチリビジ」

会社名 株式会社楽しいチリビジ
住所 〒210-0011
川崎市川崎区富士見1-2-1-114
TEL 080-4001-9656
事業内容 地理情報システムのコンサルティング
地理情報システムの開発および販売
地図情報の調査および編集
スマートフォン向け地図アプリの企画販売
URL https://chiri.biz/
特徴 ビジネスの基本である「需要と供給」を把握するための製品・サービスをご提供いたします。適切な商圏分析が実現するレポーティングサービスや、未来統計データなど、様々なシーンでご活用いただける地理情報システムを揃えております。

空間情報の総合企業「株式会社パスコ」

会社名 株式会社パスコ
住所 〒153-0064
東京都目黒区下目黒1-7-1 パスコ目黒さくらビル
TEL 03-5722-7600
事業内容 情報システム事業、行政業務効率化支援システムの開発・販売など
URL https://www.pasco.co.jp/
特徴 「遠隔の視点」と「近接の視点」から地球上のあらゆる事象を捉え、様々なシステムを活用した「分析・解析技術」を加えた3つの要素を融合した事業を展開しています。エリアマーケティング・商圏分析用の地図システムや、エリアマーケティング用各種データの販売なども行っています。

リサーチ&システムで的確なマーケティング戦略をご提供「株式会社マーケティングセンター」

会社名 株式会社マーケティングセンター
住所 〒170-0005
東京都豊島区南大塚3-30-4 ウィステリア南大塚ビル
TEL 03-5391-2500
事業内容 企業、公共団体に関する市場・世論調査の企画・実施・分析
マーケティング情報システムおよび各種分析モデルの設計・製造
マーケティングに関するコンサルテーション
各種研究
URL https://www.mc-com.co.jp/
特徴 長年の経験から培った膨大なデータ・ノウハウを強みにリサーチ事業を展開。独自のWebサービスやパッケージソフトの開発にも注力しています。

商圏分析とエリアマーケティングで商業施設を支援「株式会社ジオマーケティング」

会社名 株式会社ジオマーケティング
住所 〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
TEL 03-5456-5709
事業内容 経営・マーケティングコンサルティング業務
データ収集・分析・可視化・統合サービスおよび技術の提供
データベース提供業務
インターネットによる情報提供サービス
など
URL https://geomarketing.co.jp/
特徴 データ分析やコンサルティングをメインに行っている会社です。地理の視点からの商圏分析とエリアマーケティングで、商業施設をサポートします。

エリアマーケティングで企業様の発展に貢献「株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ」

会社名 株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ
住所 〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスアネックス 9階
TEL 03-6384-0788
事業内容 エリアマーケティングビジネス
DM発送代行ビジネス
セールスプロモーションビジネス
ダイレクトマーケティングビジネス
URL https://www.zenrin-ms.co.jp/
特徴 ゼンリン地図データの活用をマーケティングに取り入れ、お客様に寄り添った支援をご提供します。コンサルティングやアウトソーシングのほか、クラウド型レポートサービス、データベース、ソフトウェアなどもご用意しています。

総合情報処理技術を提供「株式会社日本統計センター」

会社名 株式会社日本統計センター
住所 〒802-0005
福岡県北九州市小倉北区堺町1-2-16 十八銀行第一生命共同ビル5階
TEL 093-521-3726
事業内容 トータルマーケティング支援システムの構築受託
マーケティング分析ツール、分析支援サービスの提供
各種統計データベースの構築及び提供
各種調査・マーケティング分析、データ解析業務の受託
URL https://www.nihon-toukei.co.jp/
特徴 リサーチ(シンクタンク機能)・データベース構築機能・システム開発機能のサービスを提供しています。長年蓄積した調査・分析ノウハウを活用したサービスが特徴です。

効果的な商圏分析で商業の発展に活用しよう

商圏分析は、実店舗の出店や店舗開発など、商業を行ううえで決して欠かせないものです。

その地域の人口や世帯数、特性を分析して、商業に活用できます。商圏分析では、現在だけでなく未来に向けた課題も浮き彫りになります。

これから起こる事態を予測し、事業の撤退や追加投資に関する判断材料にもなる重要なものなのです。

商圏分析に関するお悩みをお持ちの方は、楽しいチリビジの地理情報システムをご活用ください。

楽しいチリビジでは、地理の観点で最適な需要と供給が得られる場所や時間を見つけるサポートをいたします。

将来の商圏をより明確に把握するための未来商圏レポートなど、様々なサービスをご提供しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

商圏分析でお悩みなら、ぜひ楽しいチリビジがご提供する地理情報システムもご活用ください

会社名 株式会社楽しいチリビジ
住所 〒210-0011
川崎市川崎区富士見1-2-1-114
TEL 080-4001-9656
事業内容 地理情報システムのコンサルティング
地理情報システムの開発および販売
地図情報の調査および編集
スマートフォン向け地図アプリの企画販売
URL https://chiri.biz/
特徴 aビジネスの基本である「需要と供給」を把握するための製品・サービスをご提供いたします。適切な商圏分析が実現するレポーティングサービスや、未来統計データなど、様々なシーンでご活用いただける地理情報システムを揃えております。